インクジェットの印刷の美しさを実感しよう

最近ではデジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真をプリンターで印刷する人も少なくありません。その中でも最近のインクジェットプリンターは進化を遂げています。いままではドキュメントなどを作成し、それをプリントする機会が多かったものの、近年では写真など書類以外のものもプリントする機会が多くなってきました。周辺の用紙やインクの技術も進歩しており、近年のプリンターの機能や印刷の美しさは目の見張るものとなってきました。その影響もありプリンタで年賀状を作る人も増えてきたほどです。それではプリンター選びではどの点に注意すればよいのでしょうか。最近のインクジェットプリンタの美しさの秘密に焦点を当ててみていこうと思います。メーカーによって多少の差はありますが、大きく分けては差ないので、美しくプリントされる秘密を挙げていきます。

企業努力によるプリンターの向上

品質の向上にはメーカーによる企業努力は必須です。最近では価格高騰を抑えるための努力が図られています。生産ラインでの工程を少なくしたり、パーツを抑えることで本体価格を抑えることなどは企業努力の永遠のテーマでした。しかし近年ではさらに美しい印刷を実現するための努力も図られています。今まではワープロ文書などの文字をくっきりときれいにプリントアウトすることが最優先事項として挙げられてきましたが、近年のスマートフォンの普及やデジタルカメラの進歩により、プリンターはより撮影された写真のプリントアウトにも対応する必要が迫られてきました。そこでメーカーでは色の再現性を向上するべく、開発段階でプリンター本体とともにインクも同時に開発、設計することでより美しくプリントアウトできるよう改善が図られています。

インク技術に見られる開発者の工夫

インクは大きく分けて二つ種類があり、染料と顔料があります。染料は色の再現性に効果を発揮し、顔料は文字のインクジェットプリンタでプリントアウトの際にくっきりとした印刷で効果を発揮します。いままではそれぞれのプリンターの特性を活かしてインクが選ばれたり、ユーザーのニーズに合わせてプリンターが選ばれてきましたが、近年ではインクの技術の進化し、染料と顔料を混ぜ合わせたインクが登場し、色の再現性に優れ、なおかつくっきりとプリントアウトした際のくっきりとしたプリントにも適合するインクの開発が行われてくるようになりました。これによりユーザーは今までよりも明るく色の再現性に優れ、明るい色でプリントアウトされたものを手にするようになると同時に、くっきりとシャープなプリントも行うことができるようになりました。

お支払方法は、代金引換や郵便振替、銀行振込からお選びいただけます。 インクジェットハウスの価格表は外税表示となっております。 効率第一の自社一貫制作なので、お急ぎの場合も短納期が可能です。 サイトでは商品の用途や特徴、価格など詳細情報をご確認いただけます。 ネットでのご注文を24時間受け付けております。 ホームページからカタログ・サンプル請求をすることが可能です。 インクジェット印刷で最大級の印刷を