インクジェット印刷のコストパフォーマンスは?

パソコンが普及して高品質な資料を作ることができるようになりました。出来上がった資料を業者に頼むことなく印刷が可能です。電子データを作成してボタンを押すことで、すぐに完成品を手にすることができます。会議の資料やハガキ、写真などさまざまなものが気軽に作成可能です。その時に重要な役割を果たすのがプリンタです。今では各家庭に一台は置かれているぐらい一般的なものになっています。現在販売されているプリンタの印刷方法としては、レーザ方式とインクジェット方式の2種類が主流となっています。多くの企業では、レーザ方式のプリンタや複合機が使われていると思います。一方家庭用の場合は、インクジェット方式を使っている方がほとんどです。この違いは、ランニングコストと使用目的によるものです。

レーザ方式によるプリンタの仕組み

レーザ方式によるプリンタは、トナーと呼ばれる粉を利用します。パソコンなどから送られたデータは、感光体と呼ばれるドラム状の表面にレーザによって写されます。感光体のレーザが当たった部分は、トナーが付着します。これを熱することで溶かして紙に押し付けて定着させます。紙の上にトナーが貼り付いている状態です。感光体にトナーをつける時に全体的に塗布されます。付着しなかったトナーは廃材として回収されます。カラープリンタの場合は、これを色ごとに行います。レーザは発振するために多くの電力を必要とします。また、感光体を温める熱のための電力、廃材となるトナーなどコスト面で問題があります。ただし、ドラムの回転で一気に仕上げるため時間をかけないで大量の印刷が可能です。時間が限られているビジネスシーンではメリットになります。

インクはコストパフォーマンスが良い

インクジェット方式のプリンタは、紙にインクを染み込ませることで印刷します。インクは定量の水滴でヘッドから出されます。ヘッドはライン状に動き、色をつけていきます。紙はラインの幅の分だけ送られて、次のラインが色つけされます。この作業を紙の大きさの分だけ繰り返します。インクジェット方式の利点は色の再現性とコストパフォーマンスです。大きな電力を必要としないことや廃材となる無駄なインクを必要としないことでコストがかかりません。また、インクの粒子を組み合わせることで色を表現できるため、粉を溶かして重ねるレーザ方式よりもきれいな色を再現することができます。大量に短時間で仕上がる必要があるビジネスには不向きですが、写真などのサンプルを扱う状況では有効な手段です。