印刷するならやはりおすすめはインクジェットです

綺麗な風景や大切な思い出を一枚の写真にプリントする時に、見るだけd記憶が呼び起こされるような美しい一枚にしたいと考えるのは当たり前ですし、仕事などでもプレゼンテーションに使用する書類を作る時に綺麗な画像を添えるようにしたいと考えるのも自然です。単に画像や書類を印刷するという事だけを取り上げるとプリンターの種類はインクジェットプリンターだけでは無くレーザープリンターもありますが、色も画像も綺麗に印刷しようとすると確実にインクジェットプリンターを使用する方がいいです。写真や書類を作成するときに、プリンターの方式で二つの方法がある中でなぜ綺麗な印刷をすることができるのか、なぜ写真などを美しい発色ができるのかなどの違いを詳しく説明していきます。

インクジェットプリンターの特徴

インクジェットプリンターの仕組みはプリントしたい形にインクを直接用紙に吹き付けて画像や文字などをプリントしていくという仕組みになっています。基本的にインクをただ吹き付けてプリントしてしまうのではなく、吹き付けたインクに熱や圧力などの力を加えて小さな微粒子にして確実に色を付けています。一方レーザープリンターは感光体と呼ばれる用紙にインクの代わりになるトナーという粉末状の染料を付着させてプリントしています。感光体にレーザーを照射してその位置にトナーを付着させ、熱して溶かしたところに用紙を押しつけるという方法です。前者では色を発色するものはインクという液体のものを使っているのでトナーという粉末状のものよりもたくさんの色を使用しても制御しやすいです。

メリットとデメリットを考えてもおすすめ

先述の特徴から考えたメリットとデメリットを交えて考察します。まず液体のインクを直接噴射して印刷するので圧倒的に発色が美しく仕上がるという点です。トナーではこの様にはいかず、細かい写真などはレーザープリンターの苦手な分野です。しかし、インクは液体なので滲んでしまうというデメリットがあります。そして綺麗に発色していると必然的に時間がかかってしまいます。経済的にはとても優しく、レーザープリンターと比べて本体の価格が安く済み、維持費や電気代も安く済みます。ただ、コンパクトなのでインクの容量も小さいのでたくさんプリントしていると単価が上がってしまう事もあります。これらを踏まえて、レーザープリンターには出来ないような美しく繊細な表現が可能なのでデメリットを理解した上で適材適所を守るととてもおすすめできます。